FANDOM


ゲガール・ムサシ
本名 ゲガール・ムサシォン
(Gegard Mousasian)
通称 拳豪
若きバガボンド
The Dreamcatcher
The Armenian Assassin
The Real Deal
性別 男性
国籍 オランダアルメニア
誕生日 1985年8月1日(31歳)
出身地 アムステルダム
身長 186cm
体重 99kg
リーチ 193 cm
階級 ライトヘビー級ヘビー級
スタイル ボクシング
所属 レッドデビル・インターナショナル・ジュロージン
→チーム・ムサシ
テーマ曲 Ara Gevorgian(Artsakh)
Pitchin'(Hi-Gate)

ゲガール・ムサシGegard Mousasi1985年8月1日 - )は、アルメニアオランダ人の総合格闘家。チーム・ムサシ所属。両親がアルメニア人であり、本名はゲガール・ムサシャンGegard Mousasian)。

ボクシングをバックボーンに持ち、優れたボクシングテクニックに加えて、アーネスト・ホースト直伝のパンチとキックのコンビネーション、リーチの長さを活かした打撃を得意とするストライカータイプの選手であるが、レッドデビル・インターナショナルに移籍し、エメリヤーエンコ・ヒョードルに帯同するようになってからは、寝技の技術も向上し、穴の無いオールラウンダータイプの選手となり、KO・一本率は90%を超えている。総合格闘家として活躍する一方で、K-1ルールやボクシングルールへの挑戦も希望している。

ムサシという名前に加えて「打撃も寝技も強い」「MMAルールでも立ち技ルールでも戦える」ということもあって、二刀流剣士・宮本武蔵にならって「二刀流の拳豪」「若きバガボンド」とも呼ばれている。英語圏では「The Dreamcatcher」「The Armenian Assassin(アルメニアの暗殺者)」「The Real Deal(真の男)」の異名を持つ。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

アルメニアで生まれるが、幼少の頃にアゼルバイジャンとの民族紛争(ナゴルノ・カラバフ戦争)に巻き込まれたため、家族と共にイランへ亡命。しかし、今度はイラン・イラク戦争に遭ったため、8歳の時にオランダ・アムステルダム郊外のライデンに移り住んだ。

両親の薦めで8歳から柔道を2年間学び、オレンジ帯を獲得した。

15歳の時に近所のフィットネスジムでボクシングを学び始める。ボクシング世界王者を目指して本格的に取り組み、2001年にはオランダジュニア王者になり、ナショナルチームメンバーに選出されるなど活躍していた。

しかし、オランダではボクシングよりもキックボクシングの方が盛んで環境も整っていたため、キックボクシングに転向。その後、レスリングをやっていた兄が総合格闘技に転向したのをきっかけに、兄の薦めで総合格闘技に転向。

総合格闘家としてのデビューは2003年。オランダの2H2HMFCに参戦。

2005年12月2日のDEEPで日本デビュー。「DEEP 22 IMPACT」で栗原強と対戦し、試合開始直後の顔面への膝蹴りで、1R10秒でKO勝利。

2006年4月11日の「DEEP 24 IMPACT」でも入江大和にマウントパンチでTKO勝利。試合後、PRIDE武士道参戦を熱望した。

2006年、PRIDEウェルター級GPに出場。6月4日、1回戦となる「PRIDE 武士道 -其の十一-」で瀧本誠と対戦。瀧本に腕を極められそうになるも脱出し、バックマウントからのパンチで瀧本の右目を腫れ上がらせ、ドクターストップ勝ち。8月26日、「PRIDE 武士道 -其の十二-」の2回戦では郷野聡寛と対戦。終了間際に腕ひしぎ十字固めで一本負けを喫した。

2006年11月5日、「PRIDE 武士道 -其の十三-」のGPリザーブマッチでヘクター・ロンバードと対決し、3-0の判定勝ち。試合後、「極められなかったですが勝てて嬉しいです。最初のテイクダウンの時に肩が変な音がしました。医者に肩の筋肉を傷めていると言われました。自分はまだ若いので経験が必要です。ウェルター級はダン・ヘンダーソンパウロ・フィリォデニス・カーンの3トップだと言われていますが、まだまだいい選手がたくさんいます。経験を積んで25歳までにはトップに立ちたいです」とコメントした。

2006年12月9日、「CWFC - Enter The Rough House」にてグレゴリー・ブーシェラゲムと対戦。ブーシェラゲムの関節技の猛攻を凌ぎ切り、パウンドの連打でTKO勝ちを収めた。

2007年7月21日、「M-1 - Russia vs. Europe」にてアレクサンダー・ココエフと対戦し、肩固めで一本勝ちを収めた。

2007年10月19日、カナダで行なわれたHCFダミール・ミレニックと対戦し、1RTKO勝ちを収めた。

2008年2月1日、「HCF: Destiny」でエヴァンゲリスタ・サイボーグと対戦し、TKO勝ちを収めた。

2008年4月29日、「DREAM.2」のミドル級トーナメント1回戦でデニス・カーンと対戦し、三角絞めで一本勝ち。6月15日、「DREAM.4」の2回戦でユン・ドンシクと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2008年9月23日、「DREAM.6」のミドル級トーナメント準決勝でメルヴィン・マヌーフに三角絞めで一本勝ち。決勝ではホナウド・ジャカレイに顔面の蹴り上げでKO勝ち。DREAMミドル級GP2008優勝を果たすと同時に初代DREAMミドル級王座も獲得した。

2008年12月31日、「Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~」でK-1ルールで武蔵と対戦。対戦が決定した際には、ゲガールが武蔵に対して「負けたらリングネームを本名の森昭生にするか、小次郎(宮本武蔵に敗れた佐々木小次郎のことを指している)に変えろ」と要求しているというコメントが発表された。試合では1Rの内に3度のダウンを奪い、1ラウンドKO勝ち。なお、敗れた武蔵は改名を拒否した。

2009年、身体の成長に伴う減量苦によりDREAMミドル級王座を返上。5月26日、「DREAM.9」にて無差別級のスーパーハルクトーナメント1回戦でマーク・ハントと対戦し、アームバーで一本勝ちを収めた。

2009年8月15日、Strikeforce初参戦となった「Strikeforce: Carano vs. Cyborg」の世界ライトヘビー級王座決定戦でレナート・"ババル"・ソブラルと対戦し、パウンドで1RKO勝ちし王座を獲得した。当初は8月1日のAffliction: Trilogyでババルと対戦予定であったが、大会が消滅し[1]、Strikeforceにスライドされる形となった。

2009年8月28日、「M-1: Breakthrough」でエメリヤーエンコ・ヒョードルとのエキシビションマッチを行なった[2]

2009年10月6日、「DREAM.11」の準決勝でソクジュと対戦予定であったが、左肩関節腱板損傷により欠場となった[3]

2009年11月7日、「Strikeforce: Fedor vs. Rogers」でソクジュと改めて対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた。

2010年4月17日、「Strikeforce: Nashville」の世界ライトヘビー級タイトルマッチでキング・モーと対戦し、0-3の判定負けで王座初防衛に失敗した。

2010年7月10日、「DREAM.15」のライトヘビー級王座挑戦者決定戦でジェイク・オブライエンと対戦し、フロントチョークで一本勝ち。オブライエンはライトヘビー級規定の93kgをオーバーし96kgまでしか落とせず、ファイトマネーの10%没収およびイエローカードが提示された状態での試合開始となった[4]

2010年9月25日、「DREAM.16」のライトヘビー級王座決定戦で水野竜也と対戦し、裸絞めで一本勝ちを収めライトヘビー級王座を獲得。ミドル級王座に続き、DREAM2階級制覇に成功した[5]

2010年12月31日、「Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~」でK-1ヘビー級王者の京太郎とK-1ルールで対戦。2Rに右フックでダウンを奪い、3-0の判定勝ちを収めた[6]

2011年4月9日、「Strikeforce: Diaz vs. Daley」でキース・ジャーディンと対戦し、スタンドパンチで攻勢となるも、1Rにグラウンド状態での顔面蹴り上げで減点1があったのも影響し、1-0の判定ドローとなった[7]。当初対戦予定であったマイク・カイルの拳負傷による欠場で対戦相手が変更された。

2011年7月16日、「DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-」で行なわれたDREAMライトヘビー級タイトルマッチで泉浩と対戦し、タオル投入によるTKO勝ちを収め初防衛に成功した[8]

2011年12月17日、「Strikeforce: Melendez vs. Masvidal」でオーヴィンス・セインプルーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[9]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
37 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
32 18 11 3 0 2 0
3 0 2 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
オーヴィンス・セインプルー 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Melendez vs. Masvidal 2011年12月17日
泉浩 1R 3:29 TKO(タオル投入) DREAM JAPAN GP FINAL -2011バンタム級日本トーナメント決勝戦-
【DREAMライトヘビー級タイトルマッチ】
2011年7月16日
キース・ジャーディン 5分3R終了 判定1-0 Strikeforce: Diaz vs. Daley 2011年4月9日
水野竜也 1R 6:10 裸絞め DREAM.16
【初代DREAMライトヘビー級王座決定戦】
2010年9月25日
ジェイク・オブライエン 1R 0:31 フロントチョーク DREAM.15
【初代DREAMライトヘビー級王座挑戦者決定戦】
2010年7月10日
× キング・モー 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Nashville
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月17日
ゲーリー・グッドリッジ 1R 1:34 TKO(パウンド) Dynamite!! ~勇気のチカラ2009~ 2009年12月31日
ソクジュ 2R 3:43 TKO(パウンド) Strikeforce: Fedor vs. Rogers 2009年11月7日
レナート・"ババル"・ソブラル 1R 1:00 TKO(パウンド) Strikeforce: Carano vs. Cyborg
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2009年8月15日
マーク・ハント 1R 1:19 アームバー DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【スーパーハルクトーナメント 1回戦】
2009年5月26日
ホナウド・ジャカレイ 1R 2:15 KO(顔面の蹴り上げ) DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級GP 決勝】
2008年9月23日
メルヴィン・マヌーフ 1R 1:28 三角絞め DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級GP 準決勝】
2008年9月23日
ユン・ドンシク 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd Round
【ミドル級GP 2回戦】
2008年6月15日
デニス・カーン 1R 3:10 三角絞め DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級GP 1回戦】
2008年4月29日
スティーブ・メンシン 1R 2:44 TKO(レフェリーストップ:パウンド) M-1 - Slamm 2008年3月2日
エヴァンゲリスタ・サイボーグ 1R 3:42 TKO(レフェリーストップ:パウンド) Hardcore Championship Fighting: Destiny 2008年2月1日
ダミール・ミレニッチ 1R 4:46 TKO(レフェリーストップ:パウンド) Hardcore Championship Fighting: Title Wave 2007年10月19日
ケイシー・ウスコーラ 1R 4:56 TKO(レフェリーストップ) BodogFight 2007年8月25日
アレクサンダー・ココエフ 2R 肩固め M-1 - Russia vs. Europe 2007年7月21日
グレゴリー・ブーシェラゲム 1R 2:20 TKO(レフェリーストップ:パウンド) Cage Warriors Fighting Championship - Enter The Rough House 2006年12月9日
ヘクター・ロンバード 2R(10分/5分)終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の十三-
【ウェルター級GP リザーブマッチ】
2006年11月5日
× 郷野聡寛 2R 4:17 腕ひしぎ十字固め PRIDE 武士道 -其の十二-
【ウェルター級GP 2回戦】
2006年8月26日
瀧本誠 1R 5:36 TKO(ドクターストップ:右目負傷) PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級GP 1回戦】
2006年6月4日
入江大和 2R 1:29 TKO(タオル投入:パウンド) DEEP 24 IMPACT 2006年4月11日
サンジン・カドゥンク 1R 0:35 TKO(レフェリーストップ) Future Battle 2006年3月5日
アンドレ・フェイエート 1R TKO(レフェリーストップ) 2 Hot 2 Handle - Mixed Fight 2005年12月17日
栗原強 1R 0:10 KO(膝蹴り) DEEP 22nd IMPACT 2005年12月2日
ステファン・クレバー 1R 3:39 TKO(レフェリーストップ:パウンド) Bushido Europe - Rotterdam Rumble 2005年10月9日
チコ・マルティネス 1R 4:39 チョークスリーパー Jaap Edenhal - Holland vs Russia 2005年4月24日
ジョン・ドネリー 1R 腕ひしぎ十字固め Rings - Bushido Ireland 2005年3月12日
× ペトラス・モリカビュチス 2R 1:49 腕ひしぎ十字固め Fight Festival 13 2005年2月28日
エリック・オガノフ 1R 2:16 チョークスリーパー M-1 MFC - International Fight Night 2005年2月5日
ロディ・トロスト 1R 3:18 TKO(レフェリーストップ) IMA - Mix Fight 2004年12月19日
ニコ・プハッカ 2R 2:17 チョークスリーパー Fight Festival 11 2004年9月11日
ギルソン・フェレイラ 5分2R終了 ドロー Together Productions - Fight Gala 2003年11月15日
ザンダー・ネル 1R 1:05 TKO(スタンドの打撃) IMA - Mixfight Gala 2003年10月12日
ダニエル・スペック 1R 3:40 TKO(レフェリーストップ) 2 Hot 2 Handle - 1st Open Team Mixfight Championships 2003年4月27日

K-1 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
京太郎 3R終了 判定3-0 Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~ 2010年12月31日
武蔵 1R 2:32 KO(3ノックダウン:右フック) Dynamite!! ~勇気のチカラ2008~ 2008年12月31日

リングネームについて 編集

PRIDEでは若きバガボンドの異名で呼ばれた。本人曰く「アルメニアでの名前はモサシアンだったので、オランダに移った時に読みやすくするために、縮めてムサシに変えた」という[10]

人物・エピソード 編集

  • PRIDE武士道に初参戦が決定した際に、フジテレビの「すぽると!」ではゲガール・ムサシに「倒せる方のムサシ」というキャッチコピーを付けて紹介した。これはK-1ファイターの武蔵の当時のKO率がわずか11%であったことを揶揄して付けられた[11]
  • PRIDEウェルター級GPの1回戦を勝ち上がった後、2回戦で王者ダン・ヘンダーソンフィル・バローニとの対戦を希望したことについて、インタビュアーから「もしトーナメント優勝を目指しているのであれば、ヘンダーソンのような強豪ではなく、楽に勝てる相手を選ぼうとは思わなかったんですか?」と質問されると、「僕がこの階級のトップファイターの一人だということを証明したい。そうなれば世界中から注目もされるだろうし。僕は弱い相手と闘って『アイツはプロテクトされている』と思われたくないんだ。もしそんなことをするぐらいだったら、僕は自分よりも体の大きな相手や強い選手と闘うよ」と語るなど、強さに対してストイックな一面を見せている[12]。そのため、秋山成勲が強豪との対戦を避けて噛ませ犬と戦っていることについては「それはちょっとプロのファイターとしてどうなのかな?と思う。プロのファイターならば、プロモーター、そして何よりファンが選んだ相手と闘うべきだよ。特に彼にはそういう真摯な姿勢が求められていると思うんだけどね。前にああいうこと(秋山vs桜庭和志戦での秋山の反則)もあったんだしさ」と語り、DREAM世界ミドル級王座の初防衛戦の相手に秋山を指名したが、対戦は実現しなかった[13]
  • 憧れのファイターとしてジェロム・レ・バンナを挙げており、「僕は前に出て相手をKOするようなハードパンチャーが好きなんだ。だからジェロム・レ・バンナは大好きだし、レミー・ボンヤスキーはあんまり好きじゃない」と語っている[12]
  • オランダではアーネスト・ホーストの元でタイロン・スポーンらとの練習を中心に、時折ロシアのレッドデビル本部でエメリヤーエンコ・ヒョードルらと共に練習しているが、それ以外にもドージョー・チャクリキゴールデン・グローリーへの出稽古やフレディ・ローチのいるロサンゼルスのワイルド・カードジムやジョルジュ・サンピエールの練習に合流するなど、様々な国への出稽古を行っている。
  • 兄Gewikもプロの総合格闘家である。兄との絆は深く、兄の影響で総合格闘技を始めたり、兄がセコンドに就けなかった試合に勝利した後はメールで報告している。ゲガール曰く「真面目に練習してないのに、僕よりも全然強いんだ。もし兄さんが真面目に練習したら、めちゃくちゃ強いファイターになると思うよ。ただ…兄さんに『練習しろ!』とは言えないな」とのこと。
  • DEEPはDREAMの下部団体的な役割を果たしているため、DEEPで活躍した選手がDREAMへと参戦していくのが通常だが、ゲガールは「最初に日本でデビューしたのがDEEPのリングだから恩義があるので、DREAM王者となったけどDEEPに凱旋参戦したい」と義理深い一面を見せている[14]
  • 2008年の後半にあっては、「DREAMミドル級GP優勝のタイトルは、自分が本当にやりたかったことを達成するための踏み台だと思っています。それはボクシングの世界王者になることです。これからはAfflictionとも契約して戦いたい。オスカー・デ・ラ・ホーヤが社長を務めている世界最大級のボクシング・プロモート会社ゴールデンボーイ・プロモーションは、Afflictionと提携しているので、僕はこの夢が実現できると思っている。」と語った[15]
  • 過去にはプロ格闘家として活躍する一方、副業として用心棒の仕事をしていた。
  • 目標として「ミドル級ライトヘビー級ヘビー級で世界王者になって総合格闘技3階級制覇を達成したい」「K-1ルールにも挑戦していきたいし、ボクシング世界王者になることは子供の頃からの夢だったから挑戦したい」と語っている。

脚注 編集

  1. Affliction cancels Trilogy M-1 Global.com 2009年7月24日
  2. M-1 Breakthrough 格闘王国 2009年8月30日
  3. 【DREAM】10・6ミノワマンVSチェ・ホンマンが決定!横綱・白鵬とホンマン対策 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月9日
  4. 【DREAM】青木真也が足関節で川尻達也を秒殺!菊野克紀はカルバンに敗れる 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月10日
  5. 【DREAM】石井慧が国内初勝利、桜庭和志は生涯初の一本負け! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年9月25日
  6. 【Dynamite!!】 高谷が王座奪取!長島☆自演乙が青木をKO!石井はバンナに辛勝 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月31日
  7. 【Strikeforce】反則響いたムサシは痛恨のドロー MMAPLANET 2011年4月10日
  8. 【DREAM】トーナメント優勝は所英男!高谷裕之、ゲガール・ムサシは防衛に成功 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年7月16日
  9. 【Strikeforce】OSPを相手に仕留めきれないムサシ MMAPLANET 2011年12月18日
  10. 出場全選手インタビュー6・4『PRIDE 武士道 -其の十一-』(ウェルター級編)瀧本誠 & ゲガール・ムサシ PRIDEオフィシャルサイト 2006年6月3日(Internet Archive)
  11. Dynamite!!~勇気のチカラ2008~ ゲガールムサシvs武蔵 煽りVTR
  12. 12.0 12.1 PRIDEウェルター級GP2006 スペシャルインタビュー はじめまして、ゲガール・ムサシと申します(前編) PRIDEオフィシャルサイト 2006年7月20日(Internet Archive)
  13. 「ファンのみんなもボクと秋山との対戦が観たいんじゃないかな?」DREAMミドル級王者ゲガール・ムサシインタビュー DREAMオフィシャルサイト 2008年9月24日
  14. kamipro Special 2008 NOVEMBER
  15. MMA Madness - MMA Insight News

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
 
初代DREAMミドル級王者

2008年9月23日 - 2009年4月(返上)

次王者
 
前優勝者
 
DREAMミドル級グランプリ2008優勝

2008年9月23日

次優勝者
 
前王者
レナート・"ババル"・ソブラル
第3代Strikeforce世界ライトヘビー級王者

2009年8月15日 - 2010年4月17日

次王者
キング・モー

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はゲガール・ムサシにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki