FANDOM


クリス・ドールマン
通称 赤鬼
性別 男性
国籍 オランダ
誕生日 1945年2月17日(72歳)
出身地 アムステルダム
身長 187cm
体重 124kg
リーチ
階級
スタイル 柔道サンボ
所属 リングス・オランダ

クリス・ドールマンChris Dolman1945年2月17日 - )は、オランダ総合格闘家。アムステルダム出身。リングス・オランダ代表。

格闘王国オランダのカリスマ的存在。多くの門弟を抱え、ディック・フライギルバート・アイブルピーター・アーツジェラルド・ゴルドーら弟子や一流格闘家をリングスに送り込むなど、指導者やマッチメーカーとしてもリングス発展に力を注いだ。オランダの格闘家には、酒場などでバウンサー(用心棒)を兼ねている選手も少なくないが、ドールマンはその顔役でもある。荒くれ者の多いオランダ勢もドールマンが共に来日する時には、おとなしくしていたほどの親分的存在でもあった。現役時代の得意技は、裸絞め・レッグロック。赤鬼の異名で呼ばれていた。

来歴 編集

ジョン・ブルミンの経営するトゥン・イェン道場に入門し、柔道を始める[1]

アマチュア時代は柔道、サンボでヨーロッパ屈指の強豪として名を馳せた。

初来日は1976年アントニオ猪木異種格闘技戦の相手であるオランダの柔道王ウィレム・ルスカのセコンドとして、新日本プロレスのリングに登場。この試合で戦意喪失のルスカに、タオルを投げ込む。

1981年、アムステルダムでノールールの「パンクラチオン」大会を主催[1]

1989年5月4日、第2次UWFの大阪球場大会で前田日明と対戦。1991年リングス旗揚げの際には、新日本プロレスのオファーを断り前田に全面協力、リングス・オランダを設立。

1992年に開幕したリングスの第1回トーナメントでは、前田日明ディック・フライなど4試合に勝利し、優勝を果たした。リングス旗揚げから10連勝を記録したが、1993年8月21日にヴォルク・ハンに初黒星を喫した。

1995年2月19日、リングス・オランダとしての初興行「Free Fight Gara」をアムステルダムで開催[1]

1995年4月28日、リングスでのヨープ・カステル戦を最後に50歳で引退した。現役引退後も格闘技の発展に尽力(後述)。リングスが活動停止した後もその看板を守り、年数回、リングスの名で大会を開催している。

オランダ格闘技界での功績 編集

リングスが旗揚げした時代、オランダ政府は総合格闘技等の拡大には消極的であった。格闘技大会を開くことも難しい状況の中で、ドールマンは政府と折衝を重ね、それを認めさせた。現在では、オランダにおいても総合格闘技K-1キックボクシング等の大会が数多く開催され、世界で活躍するプロ選手も多数輩出している。

主な戦績 編集

  • 通算戦績 953戦947勝6敗(リングス戦績は17戦14勝3敗)
  • 獲得したタイトル数は40
  • 1966年、ヨーロッパ柔道ジュニア選手権 優勝
  • 1969年、サンボ世界選手権 優勝
  • 1971年、オランダ柔道選手権 優勝
  • 1974年、ヨーロッパ柔道選手権 準優勝
  • 1978年、サンボ全米オープン選手権 優勝
  • 1981年・1982年、サンボ世界選手権 準優勝
  • 1985年、サンボ世界選手権 優勝
  • 1992年、第1回リングス・メガバトルトーナメント 優勝

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 0 15 0 0 0 0
4 0 4 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ヨープ・カステル 6:29 ネックロック リングス RISING SERIES UZUKI ~CHRIS DOLMAN SPECIAL~
【クリス・ドールマン引退試合】
1995年4月28日
× 前田日明 5:26 ヒールホールド 夢の架け橋 1995年4月2日
前田日明 3R 0:51 腕ひしぎ十字固め FREE-FIGHT GALA 1995【サンボジャケット着用】 1995年2月19日
× 山本宜久 7:24 ヒールホールド リングス FIGHTING NETWORK RINGS 1994 TOURNAMENT 3rd Round
【トーナメント 3回戦】
1994年11月19日
長井満也 4:25 フロントネックロック リングス FIGHTING NETWORK RINGS 1994 TOURNAMENT 2nd Round
【トーナメント 2回戦】
1994年10月22日
ニコライ・ズーエフ 7:17 裸絞め リングス BATTLE DIMENSION TOURNAMENT '93 Grand Final
【トーナメント 3位決定戦】
1994年1月21日
× 前田日明 7:00 腕ひしぎ十字固め リングス BATTLE DIMENSION TOURNAMENT '93 Semi Final
【トーナメント 準決勝】
1993年12月8日
ウィリー・ピータース 4:30 裸絞め リングス BATTLE DIMENSION TOURNAMENT '93 2nd Round
【トーナメント 2回戦】
1993年11月18日
× ヴォルク・ハン 6:20 裏十字固め リングス BATTLE DIMENSION '93 格闘新次元 TOKYO BAY AREA CIRCUIT #3 ~前田日明デビュー15周年記念大会~ 1993年8月21日
長井満也 4R 0:40 レッグロック リングス BATTLE DIMENSION '93 格闘新次元 TOKYO BAY AREA CIRCUIT #2 1993年5月29日
ディック・フライ 4R 1:08 レッグロック リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT '92 Grand Final
【トーナメント 決勝】
1993年1月23日
前田日明 10:41 膝固め リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT '92 Semi Final
【トーナメント 準決勝】
1992年12月19日
アンドレイ・コピィロフ 10:30 裸絞め リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT '92 2nd round
【トーナメント 2回戦】
1992年11月13日
グロム・ザザ 5:27 アームロック リングス MEGA-BATTLE TOURNAMENT '92 1st round
【トーナメント 1回戦】
1992年10月29日
ヘルマン・レンティング 5:51 裸絞め リングス MEGA BATTLE SPECIAL 礎~ISHIZUE 1992年8月21日
ブザリアシビリ・ラマジ 5:14 裸絞め リングス MEGA BATTLE 6th. 颯~HAYATE 1992年7月16日
ティグレ・レバニ 11:29 フロントフェースロック リングス ASTRAL STEP FINAL BLAZE UP 炎上 1991年12月7日
トム・フォン・マウリック 7:26 逆片エビ固め リングス ASTRAL STEP 2nd. AQUA HEAT 水瓶座の革命 1991年8月1日
ビル・カズマイヤー 5R 1:10 腕ひしぎ十字固め リングス ASTRAL STEP 1st. SPIRIT-U 1991年5月11日

脚注 編集

  1. 1.0 1.1 1.2 竹内規和 『ザ・バーリトゥーダー 極強への挑戦』 フットワーク出版、1998年。

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はクリス・ドールマンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki