FANDOM


キング・モー
本名 モハメド・ロウォル
(Muhammed Lawal)
通称 キング・モー(King Mo)
ハーレム$キング
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1981年1月11日(36歳)
出身地 テネシー州マーフリーズボロ
身長 183cm
体重 99kg
リーチ 198cm
階級 ライトヘビー級ヘビー級
スタイル レスリング、アメリカンフットボール
所属 チーム・クエスト
→キングダム・オブ・メイヘム
テーマ曲 「ACK A AZZ」 (Cutta C)

モハメド・"キング・モー"・ロウォルMuhammed "King Mo" Lawal1981年1月11日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。テネシー州マーフリーズボロ出身。キングダム・オブ・メイヘム所属。

ニックネーム「キング」の名付け親はジェイソン・"メイヘム"・ミラーである。

身体に無数のタトゥーを彫っており、胸の真ん中には「兵」「MO」と彫っている。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

高校ではアメリカンフットボールを行っていたが、高校2年からレスリングを始め、1999年にオクラホマ州高校王者となった。

セントラル・オクラホマ大学に入学すると、4年時にはオクラホマ州立大学に転学し、レスリングの実績を重ねる。

2005年、アメリカナショナルチーム入りを果たした。

2008年3月、チーム・クエストに加入し、レスリングと平行して総合格闘技の練習を始める。

2008年4月26日、全米レスリングコンベンションではフリースタイル84kg級に出場。決勝でアンディ・ホロバットに勝利し、優勝を果たした。この時の様子が長南亮オフィシャルブログに書かれている[1]

2008年6月、北京オリンピックアメリカ合衆国代表選考会のフリースタイル84kg級の決勝でアンディ・ホロバットに敗北し、オリンピック代表を逃した。この判定にモーは「勝利を盗まれた」と憤慨。本格的に総合格闘技に転向するきっかけとなった。

2008年9月28日、総合格闘技デビューとなった「戦極 ~第五陣~」にホジャー・グレイシーの代役として緊急参戦し、トラヴィス・ビューと対戦。パウンドによるTKO勝ち。その際、王冠と真っ赤なマントをまとい、美女4人を引き連れるなどの派手な入場と踊りを披露した。11月1日、「戦極 ~第六陣~」でファビオ・シウバと対戦し、パウンドによるTKO勝ちを収めた。

2009年1月4日、「戦極の乱2009」で内藤征弥と対戦し、パウンドによるTKO勝ち。この試合より所属が、ジェイソン・"メイヘム"・ミラーらと結成した「キングダム・オブ・メイヘム」となった。この試合で戦極との契約が完了した。

2009年3月20日、「戦極 ~第七陣~」のメインイベントで川村亮と対戦し、3-0の判定勝ち。試合1週間前に膝前十字靭帯を損傷し、試合中にも右手中指を骨折した。

2009年8月28日、アメリカで開催された「M-1: Breakthrough」でマーク・ケアーと対戦し、グラウンドに持ち込むとバックからのパンチ連打でTKO勝ち。当初はドン・フライと対戦予定であったが、変更となった。

2009年12月19日、Strikeforce初参戦となった「Strikeforce: Evolution」でマイク・ホワイトヘッドと対戦し、右ストレートでダウンを奪ったところにパウンドを追撃しTKO勝ちを収めた[2]

2010年4月17日、「Strikeforce: Nashville」でゲガール・ムサシの持つライトヘビー級王座に挑戦し、3-0の判定勝ちを収め王座を獲得した[3]

2010年8月21日、「Strikeforce: Houston」でハファエル・カバウカンチとの初防衛戦に臨むが、3Rにカバウカンチの膝蹴りとパンチでダウンを奪われ、しがみついたところに肘打ちとパンチの連打を受け、レフェリーストップによるTKO負けで王座から陥落した[4]

2011年9月10日、1年ぶりの復帰戦となった「Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov」でホジャー・グレイシーと対戦し、右フックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ちを収めた[5]

人物 編集

  • 戦極では試合後に観客と一緒に、「キング・モー」コールを行なうのが定番になっていた。これは、モーが「キング」と言ったら観客が「モー」と返すもので、その際の木村サミオレフェリーとの絡みは会場の笑いを誘っていた。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
9 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
8 6 0 2 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ホジャー・グレイシー 1R 4:33 KO(右フック→パウンド) Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov 2011年9月10日
× ハファエル・カバウカンチ 3R 1:14 TKO(肘打ち連打) Strikeforce: Houston
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年8月21日
ゲガール・ムサシ 5分5R終了 判定3-0 Strikeforce: Nashville
【Strikeforce世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2010年4月17日
マイク・ホワイトヘッド 1R 3:08 KO(パウンド) Strikeforce: Evolution 2009年12月19日
マーク・ケアー 1R 0:25 TKO(パウンド) M-1: Breakthrough 2009年8月28日
川村亮 5分3R終了 判定3-0 戦極 ~第七陣~ 2009年3月20日
内藤征弥 1R 3:54 TKO(パウンド) 戦極の乱2009 2009年1月4日
ファビオ・シウバ 3R 0:41 TKO(パウンド) 戦極 ~第六陣~ 2008年11月1日
トラヴィス・ビュー 1R 2:11 TKO(パウンド) 戦極 ~第五陣~ 2008年9月28日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
ゲガール・ムサシ
第4代Strikeforce世界ライトヘビー級王者

2010年4月17日 - 2010年8月21日

次王者
ハファエル・カバウカンチ

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はキング・モーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki