FANDOM


キム・ジョンウォン
本名 キム・ジョンウォン
通称 早熟のアジア柔道王
性別 男性
国籍 韓国
誕生日 1976年11月20日(40歳)
出身地 韓国
身長 170cm
体重 63kg
リーチ
階級 フェザー級DREAM
スタイル 柔道
所属 チーム・ユン

キム・ジョンウォン金鍾元Kim Jong Won1976年11月20日 - )は、韓国出身の総合格闘家、元柔道家。チーム・ユン所属。

来歴 編集

小学4年から柔道を始め、高校3年時で韓国代表に選出された。

1996年、大学2年時にアトランタオリンピック柔道60kg級に出場し、7位となった。

2004年まで韓国代表として柔道の試合に出場。

親交のあったユン・ドンシク2005年4月23日のPRIDEに出場した際にはセコンドに就き、以後もドンシクのセコンドに就いていた。

2007年6月2日、Dynamite!! USAでドンシクがメルヴィン・マヌーフに勝利したのに影響され、総合格闘技の練習を開始した。

2009年3月8日、総合格闘技初挑戦およびDREAM初参戦となったDREAM.7のフェザー級グランプリ1回戦で高谷裕之と対戦し、KO負けを喫した。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
0 0 0 0 0 0 0
1 1 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× 高谷裕之 2R 0:40 KO(右ストレート→パウンド) DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦
【フェザー級グランプリ2009 1回戦】
2009年3月8日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はキム・ジョンウォンにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki