FANDOM


ガブリエル・ゴンザーガ
本名 ガブリエウ・ゴンザーガ=ノゲイラ
(Gabriel Gonzaga-Noguiera)
通称 ナパォン(Napão)
性別 男性
国籍 ブラジル
誕生日 1979年5月18日(38歳)
出身地 リオデジャネイロ州
身長 188cm
体重 117kg
リーチ 193cm
階級 ヘビー級
スタイル ブラジリアン柔術
所属 マカコ・ゴールドチーム
シュートボクセ・アカデミー
→チーム・リンク

ガブリエル・"ナパォン"・ゴンザーガGabriel "Napão" Gonzaga1979年5月18日 - )は、ブラジルの総合格闘家、ブラジリアン柔術家。リオデジャネイロ州出身。チーム・リンク所属。

ニックネームは「ナパォン」。ポルトガル語で「大きな鼻」の意であり、何が起きるのか嗅ぎ分けることができる第六感を持っているという意味を持つ[1]

来歴 編集

父は獣医、母は弁護士という裕福な家庭に生まれ育つ[2]

14歳でブラジリアン柔術を始め、15歳でブラジル選手権でタイトルを獲得。以来、ムンジアル、コパドムンドなど名だたるブラジリアン柔術の大会で活躍。

2003年9月13日、ブラジルで開催された「Jungle Fight 1」でファブリシオ・ヴェウドゥムと対戦し、3RでTKO負けを喫した。

2005年5月、アブダビコンバット99kg以上級に出場。2回戦でリコ・ロドリゲス、準決勝でマーシオ・"ペジパーノ"・クルーズに勝利するも、決勝でジェフ・モンソンに敗退し、準優勝となった。

2005年11月19日、UFC初参戦となった「UFC 56」でケビン・ジョーダンと対戦し、KO勝ちを収めた。

2007年4月21日、「UFC 70」でミルコ・クロコップと対戦。スタンドでもグラウンドでもほとんど何もさせず、最後は頭部への右ハイキックで失神KO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2007年8月25日、「UFC 74」のUFC世界ヘビー級タイトルマッチで王者ランディ・クートゥアと対戦。ハイキックでクートゥアの腕を骨折させるも、3RにパウンドによるTKO負けを喫し王座獲得ならず。敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2008年1月19日、「UFC 80」でファブリシオ・ヴェウドゥムと再戦するも、パウンドで2RTKO負け。その後はジャスティン・マッコーリージョシュ・ヘンドリックスに連勝した[3]

2009年3月7日、「UFC 96」でシェイン・カーウィンと対戦し、右ストレートでKO負けを喫した[4]

2010年1月2日、「UFC 108」でジュニオール・ドス・サントスと対戦予定であったが、欠場となった[5]

2010年3月21日、「UFC on Versus: Vera vs. Jones」でジュニオール・ドス・サントスと改めて対戦し、左フックでダウンを奪われたところにパウンドで追撃されKO負けとなった[6]

2010年10月23日、「UFC 121」でブレンダン・ショーブと対戦し、0-3の判定負け[7]。2連敗となり、総合格闘技引退を表明した。

2011年10月8日、引退を撤回して11か月ぶりの復帰戦となった「Reality Fighting: Gonzaga vs. Porter」のメインイベントでパーカー・ポーターと対戦し、肩固めによる一本勝ちを収めた。

2012年1月14日、UFC復帰戦となった母国・ブラジル開催の「UFC 142」でエドナウド・オリベイラと対戦し、チョークスリーパーによる一本勝ち。2年5か月ぶりのUFCでの白星となった[8]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
13 5 8 0 0 0 0
6 5 0 1 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
エドナウド・オリベイラ 1R 3:22 チョークスリーパー UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
パーカー・ポーター 3R 1:50 肩固め Reality Fighting: Gonzaga vs. Porter 2011年10月8日
× ブレンダン・ショーブ 5分3R終了 判定0-3 UFC 121: Lesnar vs. Velasquez 2010年10月23日
× ジュニオール・ドス・サントス 1R 3:53 KO(左フック→パウンド) UFC on Versus: Vera vs. Jones 2010年3月21日
クリス・トゥクシェラー 1R 2:27 TKO(パウンド) UFC 102: Couture vs. Nogueira 2009年8月29日
× シェイン・カーウィン 1R 1:09 KO(右ストレート) UFC 96: Jackson vs. Jardine 2009年3月7日
ジョシュ・ヘンドリックス 1R 1:01 TKO(右ストレート→パウンド) UFC 91: Couture vs. Lesnar 2008年11月15日
ジャスティン・マッコーリー 1R 1:57 V1アームロック UFC 86: Jackson vs. Griffin 2008年7月5日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 2R 4:33 TKO(パウンド) UFC 80: Rapid Fire 2008年1月19日
× ランディ・クートゥア 3R 1:37 TKO(パウンド) UFC 74: Respect
【UFC世界ヘビー級タイトルマッチ】
2007年8月25日
ミルコ・クロコップ 1R 4:51 KO(右ハイキック) UFC 70: Nations Collide 2007年4月21日
カーメロ・マレロ 1R 3:22 腕ひしぎ十字固め UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
ファビアーノ・シェルナー 2R 0:24 TKO(パウンド) UFC 60: Hughes vs. Gracie 2006年5月27日
ケビン・ジョーダン 3R 4:39 TKO(右スーパーマンパンチ) UFC 56: Full Force 2005年11月19日
ウォルター・ファリアス 2R 肩固め 修斗ブラジル: Ginasio Municipal de Cutia 2004年10月23日
チャーリー・ブラウン 3R ギブアップ Jungle Fight 2 2004年5月15日
× ファブリシオ・ヴェウドゥム 3R 2:11 TKO Jungle Fight 1 2003年9月13日
ブランドン・リー・ヒンクル 1R 3:54 三角絞め Meca World Vale Tudo 9 2003年8月1日
シセロ・コスタ 1R ギブアップ(打撃) Brazilian Gladiators 2 2003年4月2日

獲得タイトル 編集

  • 2000年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯スペルペサード級(-97kg) 3位
  • 2002年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯アブソルート級(無差別級) 3位
  • 2003年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯スペルペサード級 準優勝、黒帯アブソルート級 準優勝
  • 2004年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯ペサディシモ級(+97kg) 準優勝、黒帯アブソルート級 3位
  • 2005年、第6回アブダビコンバット 99kg以上級 準優勝
  • 2006年、ブラジリアン柔術ワールドカップ(コパドムンド) 黒帯ペサディシモ級 準優勝
  • 2006年、ブラジリアン柔術世界選手権(ムンジアル) 黒帯ペサディシモ級 優勝

脚注 編集

  1. Gonzaga sniffs out his biggest opportunity Yahoo! Sports 2007年8月19日
  2. ガブリエル・ゴンザーガ「本当に、凄くランディーのベルトがほしい」『格闘技通信』、2007年7月23日号
  3. 【UFC91】ゴンザガ、ヘンドリックスを61秒TKO葬 MMAPLANET 2008年11月16日
  4. 【UFC96】ナパォン、カーウィンに69秒KO負け MMAPLANET 2009年3月8日
  5. 【UFC108】対戦カード変更続出、UFC2010スタート!! MMAPLANET 2009年12月29日
  6. 【UFC LIVE】シガノ、ナパォン撃破で王座挑戦に前進 MMAPLANET 2010年3月22日
  7. 【UFC121】シャウブ、フルマークでゴンザガに判定勝ち MMAPLANET 2010年10月24日
  8. 【UFC142】ナパォン、2年5ヵ月ぶり勝利に歓喜 MMAPLANET 2012年1月15日

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はガブリエル・ゴンザーガにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki