FANDOM


ガイ・メッツァー
本名 ガイ・メッツァー
(Guy Mezger)
通称 膠着大王
難攻不落の獅子
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1968年1月1日(49歳)
出身地 テキサス州ヒューストン
身長 183cm
体重 90~97kg
リーチ
階級
スタイル 柔道レスリング
キックボクシング
所属 ライオンズ・デン

ガイ・メッツァーGuy Mezger1968年1月1日 - )は、アメリカ合衆国の元総合格闘家テキサス州ヒューストン出身。ライオンズ・デン所属。

PRIDEでは、そのディフェンシブな試合スタイルから「膠着大王」と揶揄されるなど評価は芳しくなく、戦績も4勝6敗と奮わなかった。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

柔道レスリングキックボクシングを経験。特にキックボクシングではUSKAやWKKCのヘビー級王者となった。

1994年12月16日、UFC 4のリザーブファイトに出場、ジェイソン・フェーンを相手に総合格闘技デビュー。

1995年、ライオンズ・デン所属選手としてパンクラスに参戦。当初こそルールに不慣れなために黒星も目立ったが、ルールに適応してからは1996年のランキングトーナメント優勝、元王者の鈴木みのるを2度に渡って下すなどの活躍を見せ、1998年には船木誠勝を下し、第7代キング・オブ・パンクラス王者となった。柳澤龍志近藤有己を下し2度の防衛に成功した。

1997年5月30日、UFC 13のライト級トーナメントに出場、決勝でリザーブマッチから勝ち上がったティト・オーティズを下して優勝。1回戦を突破したものの負傷のため決勝戦を棄権したエンセン井上と舌戦を展開するトラブルもあった。

1999年2月、UFCに参戦するためパンクラスの王座を返上[1]。3月5日のUFC 19で因縁のティト・オーティズと対戦するもTKO負け(試合後ティトに「ゲイ・メッツァー」呼ばわりされた)。

2000年1月30日、PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦桜庭和志と対戦。1R終了時にセコンドのケン・シャムロックと共にリングを降りてしまい、試合放棄による敗戦となった。

PRIDE時代の終盤にはアグレッシブな試合を心がけ、チャック・リデルと壮絶な試合を繰り広げたり、体格で勝る山本憲尚に勝利を収めた。だが、その代償としてダメージが蓄積し、関節炎の緩和のために処方された薬品(Vioxx)の副作用や脳のダメージによって2005年、ティトとの再戦が組まれたUFC 50での復帰戦直前に引退を決意し、出場をキャンセルした。

ラストファイトは2003年12月6日、European Vale Tudo 1のメインイベントにおけるダニエル・バーグマン戦。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
46 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
30 12 5 13 0 2 1
13 5 3 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ダニエル・バーグマン 2R 1:46 TKO(パンチ) European Vale Tudo 1: Genesis 2003年12月6日
× アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ 3R(10分/5分/5分)終了 判定1-2 PRIDE.24 2002年12月23日
山本憲尚 3R(10分/5分/5分)終了 判定3-0 PRIDE.22 2002年9月29日
× ヒカルド・アローナ 3R(10分/5分/5分)終了 判定1-2 PRIDE.16 2001年9月24日
× チャック・リデル 2R 2:21 KO(右フック) PRIDE.14 2001年5月27日
イーゲン井上 1R 2:25 KO(スタンドでのパンチ) PRIDE.13 2001年3月25日
アレクサンダー大塚 2R 1:57 TKO(カット) King of the Cage 7: Wet and Wild 2001年2月24日
アレクサンダー大塚 1R 1:54 KO(パウンド) PRIDE.12 2000年12月23日
サム・アドキンス 1R 2:11 ギブアップ Freestyle Fighting Championship 2000年11月18日
× ヴァンダレイ・シウバ 1R 3:45 KO(パンチ連打) PRIDE.10 2000年8月27日
佐竹雅昭 10分2R終了 判定3-0 PRIDE GRANDPRIX 2000 決勝戦
【スペシャルマッチ】
2000年5月1日
ブラッド・ジョーンズ 2R 1:35 TKO(打撃) Pure Action 2 2000年3月3日
× 桜庭和志 1R終了時 試合放棄 PRIDE GRANDPRIX 2000 開幕戦
【1回戦】
2000年1月30日
× 小路晃 10分2R+延長5分1R終了 判定1-2 PRIDE.6 1999年7月4日
× ティト・オーティズ 1R 9:58 TKO(打撃) UFC 19: Ultimate Young Guns 1999年3月5日
近藤有己 20分1R終了 判定2-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
1998年12月19日
柳澤龍志 30分1R終了 判定(ポイント2-0) パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
1998年9月14日
× セーム・シュルト 13:15 TKO(打撃) パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年6月21日
船木誠勝 30分1R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR
【キング・オブ・パンクラス・タイトルマッチ】
1998年4月26日
柳澤龍志 20分1R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE 1998 ADVANCE TOUR 1998年3月18日
Johnny Magilonico 1R チョーク World Pankration Championships 2 1998年1月16日
長谷川悟史 2:52 ストレートアームバー パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年12月20日
國奥麒樹真 11:12 KO(キック) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年10月29日
ポール・レイゼンビー 1R 5:02 肩固め World Pankration Championships 1 1997年10月26日
× 船木誠勝 3:58 腕ひしぎ逆十字固め パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年9月6日
山宮恵一郎 15分1R終了 判定(ポイント2-0) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年6月30日
ティト・オーティズ 3:09 フロントチョーク UFC 13: The Ultimate Force
【ライト級トーナメント 決勝】
1997年5月30日
クリストフ・レニンガー 15分1R終了 判定3-0 UFC 13: The Ultimate Force
【ライト級トーナメント 1回戦】
1997年5月30日
× 近藤有己 20分1R終了 判定(ポイント0-1) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年2月22日
セーム・シュルト 20分1R終了 判定(ポイント2-0) パンクラス PANCRASE 1997 ALIVE TOUR 1997年1月17日
近藤有己 20分1R終了 判定(ポイント1-0) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年12月15日
× 國奥麒樹真 10分1R終了 判定1-2 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年10月8日
柳澤龍志 20分1R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年9月7日
渋谷修身 10分1R終了 判定1-1 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年6月25日
鈴木みのる 7:59 TKO(打撃) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年5月16日
柳澤龍志 12:21 KO パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【ランキングトーナメント 決勝】
1996年4月7日
山田学 6:14 TKO(ドクターストップ:右肩鎖関節脱臼) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【ランキングトーナメント 準決勝】
1996年4月7日
冨宅飛駈 10分1R終了 判定3-0 パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH
【ランキングトーナメント 1回戦】
1996年4月7日
× バス・ルッテン 19:16 アンクルホールド パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年3月2日
グレゴリー・スミット 10分1R終了 判定(ポイント2-0) パンクラス PANCRASE TOUR 1996 TRUTH 1996年1月28日
鈴木みのる 1R 7:15 無効試合 パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年12月14日
柳澤龍志 10分1R終了 判定0-0 パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年11月4日
× 船木誠勝 6:46 アキレス腱固め パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年9月1日
ジョン・レンフロー 7:25 アームバー パンクラス 1995 EYES OF BEAST 1995年7月23日
ジョン・ダウディ 2:02 TKO(打撃) UFC 5: The Return of The Beast
【リザーブマッチ】
1995年4月7日
ジェイソン・フェーン 2:13 TKO(パウンド) UFC 4: Revenge of The Warriors
【リザーブマッチ】
1994年12月16日
この戦績は未完です。

脚注 編集

  1. ガイ・メッツァー、王座返上 BoutReview 1999年2月9日

関連項目 編集

外部リンク 編集

前王者
船木誠勝
第7代パンクラス無差別級王者

1998年4月26日 - 1999年2月(返上)

空位
次タイトル獲得者
近藤有己

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はガイ・メッツァーにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki