FANDOM


カーロス・コンディット
本名 カーロス・ジョセフ・コンディット
(Carlos Joseph Condit)
通称 ナチュラルボーン・キラー
(Natural Born Killer)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1984年4月26日(33歳)
出身地 ニューメキシコ州アルバカーキ
身長 188cm
体重 77kg
リーチ 193cm
階級 ウェルター級WECUFC
スタイル レスリング、キックボクシング
所属 ファイターズ・イン・トレーニング
ジャクソンズMMA

カーロス・コンディットCarlos Condit1984年4月26日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ニューメキシコ州アルバカーキ出身。ジャクソンズMMA所属。

獲得タイトル 編集

来歴 編集

2003年9月23日、シュートボクシングで初来日。アンディ・サワーと対戦し、5ラウンドに右ローキックでKO負けを喫した。

2005年10月2日、パンクラス北岡悟と対戦し、ヒールホールドで一本負けを喫した。

2006年4月21日、「Rumble on the Rock 9」で行なわれたウェルター級トーナメント準決勝でフランク・トリッグに腕ひしぎ三角固めで一本勝ち。決勝ではジェイク・シールズに0-3の判定負けを喫した。

2007年3月24日、「WEC 26」でジョン・アレッシオと対戦し、チョークスリーパーによる一本勝ちを収め第5代ウェルター級王座を獲得した。

2008年8月3日、「WEC 35」で三浦広光と対戦し、右膝蹴りによるTKO勝ちを収め3度目の防衛を果たした。

2009年3月1日には「WEC 39」でのタイトルマッチでブロック・ラーソンと再戦予定であったがラーソンの怪我でキャンセルとなり、その後WECウェルター級のUFCへの移管に伴ってUFCに移籍した。4月1日には「UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann」のメインイベントでマルティン・カンプマンと対戦し、1-2(28-29、28-29、29-28)の判定負け[1]。9月16日、「UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard」でジェイク・エレンバーガーと対戦し、2-1(29-28、28-29、29-28)の判定勝ちを収めた[2]

2010年1月2日、「UFC 108」でポール・デイリーと対戦予定であったが、負傷欠場となった[3]

2010年6月12日、敵地・カナダで開催された「UFC 115」でローリー・マクドナルドと対戦し、試合時間残り7秒でパウンドによるTKO勝ちを収めた[4]

2010年10月16日、敵地・イングランドで開催された「UFC 120」でダン・ハーディーと対戦し、左フックでKO勝ちを収めた[5]

2011年2月27日、オーストラリアで開催された「UFC 127」でクリス・ライトルと対戦予定であったが、膝の負傷による欠場となった。

2011年7月2日、「UFC 132」でキム・ドンヒョンと対戦し、右跳び膝蹴りでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しTKO勝ちを収めノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞。4連勝となり、試合後には同級王者ジョルジュ・サンピエールへの挑戦をアピールした[6]

2011年10月29日、「UFC 137」でBJペンと対戦予定であったが、UFC世界ウェルター級タイトルマッチでジョルジュ・サンピエールに挑戦予定であったニック・ディアスが9月7日の記者会見を無断欠席したためGSPへの挑戦が決まったものの[7]、その後、GSPの膝の負傷により試合が消滅した[8]。さらに、メインイベントとなったBJペンとの試合に勝利したディアスがGSPへの挑戦権を改めて獲得した[9]

2012年2月4日、「UFC 143」のメインイベント・UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦でニック・ディアスと対戦し、3-0(49-46、49-46、48-47)の判定勝ちを収め暫定王座を獲得するとともにUFC5連勝となった[10]。当初ディアスとUFC世界ウェルター級タイトルマッチで対戦予定であったジョルジュ・サンピエールが、2011年12月に右膝前十字靭帯を負傷したため欠場となり、ディアスとコンディットにより暫定王座が争われた[11]

戦績 編集

総合格闘技 編集

総合格闘技 戦績
33 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
28 13 13 2 0 0 0
5 0 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
ニック・ディアス 5分5R終了 判定3-0 UFC 143: Diaz vs. Condit
【UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦】
2012年2月4日
キム・ドンヒョン 1R 2:58 TKO(右跳び膝蹴り→パウンド) UFC 132: Cruz vs. Faber 2 2011年7月2日
ダン・ハーディー 1R 4:27 KO(左フック) UFC 120: Bisping vs. Akiyama 2010年10月16日
ローリー・マクドナルド 3R 4:53 TKO(パウンド) UFC 115: Liddell vs. Franklin 2010年6月12日
ジェイク・エレンバーガー 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
× マルティン・カンプマン 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2009年4月1日
三浦広光 4R 4:43 TKO(右膝蹴り) WEC 35: Condit vs. Miura
【WECウェルター級タイトルマッチ】
2008年8月3日
カーロ・プレイター 1R 3:48 フロントチョーク WEC 32: Condit vs. Prater
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2008年2月13日
ブロック・ラーソン 1R 2:21 TKO(パウンド) WEC 29: Condit vs. Larson
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2007年8月5日
ジョン・アレッシオ 2R 4:59 チョークスリーパー WEC 26: Condit vs. Alessio
【WEC世界ウェルター級王座決定戦】
2007年3月24日
カイル・ジェンセン 1R 2:10 チョークスリーパー WEC 25: McCullough vs. Cope 2007年1月20日
田中達憲 1R 2:13 KO(踏みつけ) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年10月25日
和田拓也 3R 4:22 アームロック パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
大石幸史 3R 1:01 TKO(唇負傷) パンクラス PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年7月28日
× パット・ヒーリー 3R 2:52 チョークスリーパー Extreme Wars 3 2006年6月3日
× ジェイク・シールズ 5分3R終了 判定0-3 Rumble on the Rock 9
【ウェルター級トーナメント 決勝】
2006年4月21日
フランク・トリッグ 1R 1:22 腕ひしぎ三角固め Rumble on the Rock 9
【ウェルター級トーナメント 準決勝】
2006年4月21日
ヘナート・ヴェリッシモ 1R 0:17 TKO(膝蹴り) Rumble on the Rock 8
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2006年1月20日
ロス・エバネス 1R 1:27 TKO(パンチ連打) Rumble on the Rock: Just Scrap 2005年11月5日
× 北岡悟 1R 3:57 ヒールホールド パンクラス PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年10月2日
イシドロ・ゴンザレス 1R 1:06 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 19: Showdown 2005年9月10日
マサキ・タクヒー 1R 4:35 KO(ハイキック) Professional No Rules Fighting: Demolition 2005年6月18日
ランディ・ハワー 1R 1:27 KO(パンチ連打) Fightworld 3 2004年11月27日
ウィル・ブラッドフォード 1R 1:30 TKO(パンチ連打) Independent Event 2004年11月13日
× カーロ・プレイター 1R 2:51 三角絞め Fightworld 2 2004年9月11日
ブランドン・メレンデス 1R 0:50 三角絞め Ring of Fire 12: Nemesis 2004年5月22日
ジャーヴィス・ブレナマン 1R 0:34 チョークスリーパー Independent Event 2004年2月28日
ブラッド・ガム 1R 1:11 TKO(パンチ連打) Ring of Fire 11: Bring it On 2004年1月10日
デイヴィッド・リンドメイヤー 1R 0:46 腕ひしぎ十字固め KOTC 26: Gladiator Challenge 2003年8月3日
タイレル・マッケルロイ 1R 2:49 チョーク Triple Threat: Fight Night 1 2003年4月6日
アンソニー・サモラ 1R 0:29 TKO(パンチ) Independent Event 2003年3月15日
トミー・グージュ 1R 0:45 腕ひしぎ十字固め Reality Fighting Championships 1 2003年1月25日
ニック・ロスコーラ 1R 0:52 チョークスリーパー Aztec Challenge 1 2002年9月6日

シュートボクシング 編集

勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アンディ・サワー 5R 2:43 KO(右ローキック) SHOOT BOXING "S" of the World Vol.5 2003年9月23日

脚注 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集

空位
前タイトル獲得者
マイク・パイル
第5代WEC世界ウェルター級王者

2006年3月17日 - 2009年2月3日

廃止
UFCウェルター級に移管
前王者
 
UFC世界ウェルター級暫定王者

2012年2月4日 - 現在

次王者
 

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はカーロス・コンディットにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki