FANDOM


カマル・シャロルス
本名 カマル・シャロルス[1]
通称 Prince of Persia
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
テンプレート:IRI
誕生日 1972年8月27日(44歳)
出身地 アメリカ合衆国
テキサス州オースティン
身長 173cm
体重 70kg
リーチ 173cm
階級 ライト級
スタイル レスリング、ブラジリアン柔術、ボクシング
所属 American Combat Association

カマル・シャロルスKamal Shalorus1972年8月27日 - )は、イラン出身、アメリカ合衆国在住の総合格闘家。American Combat Association所属。

来歴 編集

2008年4月5日、35歳7か月でプロ総合格闘技デビュー。デビューから4勝1分でWECと契約した。

2009年11月18日、37歳2か月でのWECデビューとなった「WEC 44」でウィル・ケアーと対戦し、右フックによるTKO勝ちを収めた[2]

2010年1月10日、「WEC 46」でデイブ・ジャンセンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[3]

2010年4月24日、「WEC 48」でジェイミー・ヴァーナーと対戦予定であったが、自身の負傷により欠場となった。

2010年6月20日、「WEC 49」のメインイベントでジェイミー・ヴァーナーと対戦し、ローブローによる減点1を与えられながらも1-1の判定ドローとなった[4]

2010年12月16日、WEC最終興行「WEC 53」でバート・パラゼウスキーと対戦し、2-1の判定勝ち[5]。WEC戦績を3勝1分とした。

2011年3月19日、WEC統合によるUFC初参戦となった「UFC 128」でジム・ミラーと対戦し、左膝蹴りでダウンを奪われたところにパウンドで追撃されTKO負け[6]。キャリア10戦目での初黒星となった。

2012年1月20日、「UFC on FX: Guillard vs. Miller」でアビブ・ナマメドゴフと対戦し、チョークスリーパーによる一本負けを喫しUFC2連敗となった[7]

戦績 編集

総合格闘技 戦績
11 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
7 4 1 2 0 2 0
2 1 1 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× アビブ・ナマメドゴフ 3R 2:08 チョークスリーパー UFC on FX: Guillard vs. Miller 2012年1月20日
× ジム・ミラー 3R 2:15 TKO(左膝蹴り→パウンド) UFC 128: Shogun vs. Jones 2011年3月19日
バート・パラゼウスキー 5分3R終了 判定2-1 WEC 53: Henderson vs. Pettis 2010年12月16日
ジェイミー・ヴァーナー 5分3R終了 判定1-1 WEC 49: Varner vs. Shalorus 2010年6月20日
デイブ・ジャンセン 5分3R終了 判定3-0 WEC 46: Varner vs. Henderson 2010年1月10日
ウィル・ケアー 1R 1:26 TKO(右フック) WEC 44: Brown vs. Aldo 2009年11月18日
ジャスティン・ミラー 2R 0:32 TKO(パンチ連打) Supreme Warrior Championship 7: Discountenance 2009年6月20日
マイク・ブロンゾイス 5分3R終了 判定1-0 King of Kombat 6: Fists of Fury 2009年4月25日
ジョナサン・エヴァンス 1R 0:35 TKO(パンチ連打) Extreme Challenge: The War at the Shore 2009年1月23日
エドウィン・ジョーンズ 2R 2:52 チョークスリーパー Supreme Warrior Championship 2: Battleground 2008年11月28日
ジェフ・デイヴィス 1R 1:06 TKO(パンチ連打) King of Kombat 3 2008年4月5日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki