FANDOM


アンソニー・ジョンソン
本名 アンソニー・ケウォア・ジョンソン
(Anthony Kewoa Johnson)
通称 ランブル(Rumble)
性別 男性
国籍 アメリカ合衆国
誕生日 1984年3月6日(33歳)
出身地 ジョージア州ダブリン
身長 188cm
体重 77kg
リーチ 198cm
階級 ウェルター級NSAC
スタイル キックボクシング、レスリング
所属 アメリカン・キックボクシング・アカデミー

アンソニー・ジョンソンAnthony Johnson1984年3月6日 - )は、アメリカ合衆国の総合格闘家。ジョージア州ダブリン出身。アメリカン・キックボクシング・アカデミー所属。

カン・リーの下でトレーニングを行なっている[1]

来歴 編集

20歳の時、友人の勧めで総合格闘技を始めた。

2006年8月18日、Pangea Fightsでプロデビューを果たした。

2007年6月12日、UFC初参戦となった「UFC Fight Night 10」でチャド・レイナーと対戦し、KO勝ち。9月22日、「UFC 76」でリッチ・クレメンティに一本負けし、初黒星を喫した。この試合は、ジョンソンが契約体重オーバーとなり、キャッチウェイトバウトとなった。

2008年4月2日、「UFC Fight Night 13」でトム・スピアーにKO勝ち。7月19日の「UFC: Silva vs. Irvin」では対戦相手ケヴィン・バーンズの手の指が目に入り続行不可能となったが、TKO負けと裁定された[2]。反則のサミングであったことから、物議を醸す裁定となった。そして、再戦となった12月13日の「The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale」では左ハイキックでKO勝ちし、リベンジを果たすのと同時にノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[3]

2009年2月7日、「UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens」でルイージ・フィオラヴァンティにパウンドによるTKO勝利を収めた[4]

2009年10月24日、「UFC 104」で吉田善行と対戦し、開始41秒、右ストレートでTKO勝ち[5]。この試合は当初ウェルター級契約であったが、6ポンドの計量オーバーとなり、吉田の合意により176ポンドのキャッチウェイトバウトとなった[6]

2009年11月21日、「UFC 106」でジョシュ・コスチェックと対戦し、チョークスリーパーで一本負け[7]。敗れはしたもののファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年3月26日、1年4か月ぶりの復帰戦となった「UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis」でダン・ハーディーと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[8]

2011年6月26日、「UFC Live: Marquardt vs. Johnson」のメインイベントでネイサン・マーコートと対戦予定であったが、負傷欠場となった[9]

2011年10月1日、「UFC Live: Cruz vs. Johnson」でチャーリー・ブレネマンと対戦し、左ハイキックによるKO勝ちを収めノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[10]

2012年1月14日、敵地・ブラジルで開催された「UFC 142」のセミファイナルでヴィトー・ベウフォートと対戦し、チョークスリーパーによる一本負け。ミドル級(185ポンド)契約であったが、ジョンソンが計量を大幅にオーバーし、197ポンドのキャッチウェイトバウトとして行なわれた(ジョンソンの当日計量は204.2ポンド)[11]。大会後、UFCからリリースされた。

戦績 編集

総合格闘技 戦績
14 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
10 7 0 3 0 0 0
4 1 3 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 イベント名 開催年月日
× ヴィトー・ベウフォート 1R 4:49 チョークスリーパー UFC 142: Aldo vs. Mendes 2012年1月14日
チャーリー・ブレネマン 1R 2:49 KO(左ハイキック) UFC Live: Cruz vs. Johnson 2011年10月1日
ダン・ハーディー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis 2011年3月26日
× ジョシュ・コスチェック 2R 4:47 チョークスリーパー UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2 2009年11月21日
吉田善行 1R 0:41 TKO(右ストレート) UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
ルイージ・フィオラヴァンティ 1R 4:39 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Lauzon vs. Stephens 2009年2月7日
ケヴィン・バーンズ 3R 0:28 KO(左ハイキック) The Ultimate Fighter: Team Nogueira vs. Team Mir Finale 2008年12月13日
× ケヴィン・バーンズ 3R 3:35 TKO(レフェリーストップ:右目負傷) UFC Fight Night 14 2008年7月19日
トム・スピアー 1R 0:51 KO(パウンド) UFC Fight Night 13 2008年4月2日
× リッチ・クレメンティ 2R 3:05 チョークスリーパー UFC 76: Knockout 2007年9月22日
チャド・レイナー 1R 0:13 KO(パウンド) UFC Fight Night 10 2007年6月12日
リッチ・モスコヴィッツ 5分2R終了 判定3-0 RMN-MMA: Demolition 2006年9月16日
キース・ウィルソン 5分2R終了 判定2-1 RMN-MMA: Demolition 2006年9月16日
ジョナサン・ロメロ 1R 1:09 TKO(パウンド) Pangea Fights 2: Live MMA 2006年8月18日

脚注 編集

外部リンク 編集

Wikipedia 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。
使用された記事はアンソニー・ジョンソン (格闘家)にあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki